<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
発汗巡活でよどみなく澄んだわたしへ バブ エピュール ローズマリー&ユーカリの香り

寒くなってきましたね!

夏場はどうしてもシャワーで済ませる日が多くなってしまうけど、寒い時期はゆっくりとお湯に浸かるのが大好きです。

せっかくお風呂に入るんだから、どうせならスッキリ綺麗になりたいですよね。今回は、入浴効果を高めて身体も気分もスッキリさせてくれる入浴剤のレポートです。

*花王のキャンペーンに参加しています。

バブ エピュールとは

超微細な炭酸を生み出す、粉末タイプの薬用入浴剤。

カラダも気分もよどみなくすっきりしたい人にぴったり。

超微細炭酸なので、血流を促進し、代謝を上げます。バブといえばシュワシュワした炭酸ですが、エピュールの炭酸泡のサイズは通常のバブの20分の1と、ものすごくちっちゃいんです! 

話題のエプソムソルトも配合。

セレブが使っているイメージのエプソムソルトは、ソルトと名前が付くけど、塩ではないんですって。見た目が塩みたいだからソルトって名付けたみたい。その正体は硫酸マグネシウムというミネラル成分です。

エプソムソルトを含む入浴剤は入浴効果を高めて皮膚に膜を形成し、放熱を抑制することで汗をかきやすくなります。

香りにもこだわっています。

ローズマリー&ユーカリの香りは気分を切り替えたいときにおすすめの、リフレッシュ感のある香り。ジャスミン&フランキンセンスの香りとかシダーウッド&マンダリンの香りとか、その日の気分で選べる5種類の香りが揃っています。オレンジフラワー&パチュリも使ってみたいー!

美容液成分を濃密に配合した「バブ エピュール バスエッセンス」シリーズもあって、求める効果によって使い分けられます。

フォトレビュー

香りによってパッケージのカラーが違うので、並べて置いておくとカラフルで可愛いです。

このローズマリー&ユーカリの香りはライトピンク、ライトバイオレット系のカラー。

外キャップを外すと内キャップ。湿気が入りにくくて嬉しいです。

内キャップの中には白いパッキンが付いているので、外してから使いましょう。

外キャップの内側のラインまでサーッと出します。

これが1回分。たっぷり使うという印象です。1回の使用料は50gで、ボトル1本で8回分。

ボトルと同じ、パープル系のピンクカラーが綺麗。

使ってみたよ

お風呂に投入!

40℃前後の150〜200Lのお湯に1回分の量を入れます。

サラーッと入れました。ライトパープル!

よくかき混ぜます。底に粉が残ることがあるので、底まで混ぜて!

すぐに白い泡が出てきます。

シュワシュワーと音を立てて、細かい泡がたっぷり立ちます。

炭酸由来の白い泡は数分で消えて、パープルなお湯に変わります。

表面の白い泡が無くなっても泡がお湯に溶けこんでいるので、効果が2時間ほど持続します。家族で入れますね!

40℃前後のお湯に10〜20分くらいかけてゆっくりと入浴します。顔から汗がでてくるのを目安にじっくりとお湯に浸かりましょう。

ローズマリーとユーカリの良い香り。すっきりとしているけど、東南アジアのお寺で嗅いだことのあるようなお香っぽさもあります。

香りを楽しみながらお湯に浸かっていると、湯温がそんなに高くないのにすぐ身体がポカポカしてくることに驚きます。冷え症でいつも冷えている手先足先までポカポカ。私は汗をかきにくい体質なのだけど、じわじわと額や鼻のあたりから汗がにじんできます。

お湯に浸かる時間が長いので、お湯の中でマッサージや軽いストレッチをしたり、ときどきジップロックに入れた電子書籍端末を持ち込んでゆっくり読書したりと、のんびり過ごしています。本に夢中になっていると忘れがちですが、水分補給はしっかりと!

お風呂から出たあとも、ずーっと身体のポカポカ感が持続しますよ。これからもっと寒くなったときに、普通にお風呂に入るだけだとすぐに冷えちゃうので、温かさの持続はすごく嬉しいと思う。

入浴剤は好きで、お風呂に入るときにはいつも入浴剤を入れるのですが、バブ エピュールはとってもお気に入り。濃密美容液風呂のバスエッセンスも使ってみたいな。

1回分のお試しサイズもあるので、ぜひ試してみてください。

花王のキャンペーンに参加中


花王のキャンペーンに参加中♪[PR]
花王のキャンペーンに参加中♪[PR]

Posted by mighty at 22:21 | ボディケア | comments(0)

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile