<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
シルク肌に導くスキンケア 専科 シルキーモイスチャー

気温が10℃を下回ったかと思えば、次の日には20℃を超えたりと、当日着るものさえ悩ましい今日この頃。そんな季節は肌にも負担がかかり、肌荒れしたり、乾燥したりとトラブルが起こしやすいタイミングでもあります。

そんな乾燥しがちな季節にぴったりな、満島ひかりさんが美しいCMでおなじみ、専科の化粧水と乳液のセットをお試しさせていただきました。今回も張り切ってレポートいきます!

 

 

専科 パーフェクトエッセンス シルキーモイスチャー

 

肌本来のうるおいバリア機能を保ち、みずみずしく輝く、絹のような触り心地のシルク肌に導く保湿化粧水

ベタつかず角層のすみずみまで浸透し、濃密な感触で肌全体を包み込みます。

3種の保湿成分(天然由来シルクエッセンス、Wヒアルロン酸、コラーゲンGL)配合で長時間うるおいの続くしっとりとしたハリのある肌仕上がりに。

 

 

透明なローション。ボトルが淡い青色なので中身も青みがかっているのかと思いきや、無色です。いつも懲りずにこの勘違いします。

「濃密な感触」とありましたが、本当にその通り、とろーんとしたテクスチャー。名前がローション(化粧水)ではなくてエッセンス(美容液)なのも納得の濃密感です。

とろみ化粧水の中には肌の表面を滑って浸透せずただべたつくようなものもありますが、これはとろみがありながらもしっかり浸透するのが感じられます。伸びが良いのでマッサージしながらなじませられるし、なじんだ後にはべたつかないのがうれしいところ。

秋冬の乾燥する季節にも十分使える保湿力です。

 

専科 パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー

 

肌本来のうるおいバリア機能を保ち、みずみずしく輝く、絹のような触り心地のシルク肌に導く保湿乳液

3種の保湿成分(天然由来シルクエッセンス、Wヒアルロン酸、コラーゲンGL)配合で、なめらかうるおいヴェールで肌を包み込み、長時間うるおいが続きます。

 

 

白い乳液。化粧水のとろーん感とこれが乳液であることを考慮すると、もちろんとろみはあるのですが、こちらの方がさらっとしているように感じられます。顔全体にぱぱっと塗り広げられます。

ハンドプレスすると肌になじみ、なじんだあとはべたつかないので、誰でも気持ち良いと感じる使い心地なんじゃないかな。

ただし量が少ないと時間が経ったあとで乾燥してしまったので、頬や口周りなど乾燥しやすい部分は重ねづけが有効かと。かなりの乾燥肌の私はオイルを1〜2滴混ぜたり乳液の上に重ねたりすると、ずっともちもちの肌をキープできます。

 

まとめ

大手ショッピングサイトでそれぞれ700円台というお手頃な価格にびっくり。しっかりうるおい、バリア機能をキープしてくれるという高機能で、肌荒れや乾燥を感じる季節にぴったりなスキンケアでした。

毎日しっかりケアして、肌のうるおいバリアを取り戻したいです。

 

 

商品のリンクはこちら:

専科 パーフェクトエッセンス シルキーモイスチャー(保湿化粧水)&パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー(保湿乳液)

 

ブロネット

資生堂さまのブログリポーターに参加中♪

 

 

 

Posted by mighty at 22:18 | コスメ | comments(0)

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile